ポピュラーになってきた整形|誰にも言えない悩み。女性器の整形などは口コミなどを参考に

誰にも言えない悩み。女性器の整形などは口コミなどを参考に

ポピュラーになってきた整形

虫眼鏡を持っている女性

読んで字のごとく女性の膣を小さくするのが膣縮小手術です。
理由はさまざまかと思いますが、やはり性行為のさいなども膣がしまっていた方が双方の感度もあがるかと思いますし、出産を経験している女性などは赤ちゃんを産みおとすさいどうしても膣は一時的に広がりますよね。
その後もなかなか元の状態に戻らない場合なども膣縮小の手術を受けられる方もいらっしゃいます。

鼻やアゴを高くする際や、ほうれい線解消などでよく聞くヒアルロン酸を注入するプチ整形の方法は膣縮小にも取り入れられています。
やはりかなりデリケートな部分なのでメスを使っての施術はちょっと…という方には人気が高まっている新しい膣縮小の手術方法ですね。
お値段も膣の部分を縫う手術より少しお安くなります。ただヒアルロン酸は効果が永続的につづくわけではないので1年ほどで元の状態へともどります。

一般的な膣縮小手術は膣の入り口部分を少し切開し周りのゆるんだ粘膜や筋肉などの組織をギュッと縫い縮めるというのが主です。
縮小したい度合によって手術も大がかりになってくる場合もあります。時間はだいたい一時間ですが局部麻酔を使いますのでその日は一日安静に、手術後数日も体に無理のない範囲での生活を心がけましょう。
また手術のさい縫合に使われる糸は溶ける糸ですので抜歯の必要はありまません。
数日間は膣部分に違和感を感じるかと思いますが、違和感がきえるころには膣縮小のさいの施術の痛みもうすれてくるかと思います。